スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棋 譜 を 並 べ ま す ・ ・ ・(^‐^)♪ 4週目

あ~、ここのところバタバタしてて放置気味~・・・

ってこともなく今週分は火曜日あたりに並べることは並べました。

と言うかすっかり銀冠森下システムに嵌ってて自主練してます。

味先生~♪

銀冠特集なら週に3局行けまっせ~♪   ヽ(´ー`)ノ 
4週目 クリック

⑦ 【第10局:▲森下 卓 △藤井 猛 @勝ち抜き戦】

棋譜並べ満足度 :

33手目▲77角
素人臭い角打ち・・・(*´艸`)
穴熊の暴力狙いか・・・
△か端に2手かけてる点を咎めてる感じ。
ただし▲も58の金が浮いてるので微妙な気もする。

40手目 △14角
ゴキゲン中飛車とかでも見たことあるような筋。
(まぁ本譜のがずっと古いけどねw)
このような筋違いに打つ、受けの角は指せないのぉ~

45手目 ▲68金
じっと自陣を引き締めて味良し。
この後の馬と龍を作りあう展開は▲に利ある気がする。

52手目 △14角
再度の14角、これは受かってる気がするが・・・

55手目 ▲33銀 (筋悪)
これは指せないし指したくないのぉ~
つまり△の飛車さえ働かさないならば穴熊の堅さが生きるとの大局観なのだろうが・・・

本譜、長いのでこの辺りはポイントコメント。
4手かけて角を殺しに行く構想は参考になる。
△62飛車とした局面では△からの早い攻めはないので・・・
(歩も切れてないのでと金攻めも利かず)
取った角がピッタリ▲43角で馬になり・・・

87手目 ▲77桂打ち
これは参考になる手。
玉頭戦に限らず盤上に駒を置くことによる勢力拡大。

その後の香を打ちまくり(95手目▲99香とか)端の勢力争いは見応えがある。

本譜のハイライトは111手目▲97玉か・・・
『桂頭玉、寄せにくし・・・』
今期の名人戦第2局、3年前の竜王戦第3局にも現れた感覚。
こうしておいて▲89香と下段に香の手順が素晴らしく参考になる。
この香は遠く△玉すら睨んでいる感すらある。

 『桂頭の玉、寄せにくし・・・』参考棋譜・・・ 

127手目 ▲53成銀
まぁ確かに次の1手ですねw
あえてスルー・・・(*´艸`)

133手目 ▲93銀以下・・・
ここからの寄せは手筋満載で参考になる。
(まぁその前の桂馬からか・・・)
が持ち駒にあるときの詰ましがやや苦手なんよねぇ~。


本譜、どうも森下の自己満足が多い気がする。(笑)
▲33銀が結果的に大活躍したものの・・・
本人も言ってるけどやりすぎっしょwww
(後付けのように大活躍したけどねぇ~)



⑧ 【第29局:▲森下 卓 △日浦 市郎@勝ち抜き戦】

棋譜並べ満足度 : 

棒銀を並べる。 (`・ω・´)シャキーン

まぁ対四間に棒銀と言えばygorou氏。
暴銀はのくのく。
(最近は『名人』と呼ばないようにしております。<(_ _)> )
まぁゴロちゃんがうまく指すの見て試したことはあるんだけどね。
結局、キチンと勉強しなかったのでものにならずW
まぁ相振りでいいや流なんで・・・ (飯島流とかも)
ただ渡辺竜王が棒銀を高く評価してるの知りいずれ勉強したいとは思ってます。
いつになることやら・・・ ( ゜-゜)遠い目

って森安流とはなんぞ??? (まずはここからだね)

45手目 ▲37銀
この銀の振り替えの技術・感覚があまりな私。
棒銀指してもここまでの形行ってないし・・・。
その後の△33桂馬▲46銀右の形は味良いね。
定跡だから互角なんだろうけれど・・・
この形になら居飛車持ちたい・・・

56手目 △22歩
森安流の受け、これかい!!!
銀桂交換なので局面を収めればと言う感覚ですかね。
43金、45銀がうまく活用できればですか・・・

57手目 ▲95歩
機敏な仕掛け。
これなら銀桂交換が損になっていない勘定。
(まぁ29の桂馬がさばけてない分、ギリギリの攻めなんでしょうが)

60手目 △74歩
振り飛車が△のためにここで指した手。
▲ならば突いてある。(第28局)

67手目 ▲63香
気持ちの良い手筋の攻め。

71手目 ▲92歩成
とりあえず一目筋の良い軽手って感じがする。

・・・とともにここの局面は色々と考えてみた。(寄せ)
ここでの第一勘は・・・
△31飛車のような手。(二枚飛車)
▲42歩(この歩が利くのがデカイ)にじっと▲21龍から61に殺到する順が候補。
よくある筋の▲62金は△同銀で依然、71に利きが残る。銀銀型の利点。
だが飛車渡すと△88飛車が痛打のようでこの攻め筋は不成立。
結局、ぼんやりは▲86桂の筋がベースみたいね。
しかし単に▲86桂でなく▲92歩成~86桂の意味がいまいち不明www
まぁもう少し考えますが味先生の見解求む。

75手目 ▲75飛車
決まってる感じですなぁ~

79手目 ▲69玉 
好手!!!なるほど~・・・『玉の早逃げ・・・』
と思ったら『緩手』の烙印w
あぁ、解説読んで納得。
確かに上部に抜けられそうな形でもありますね。

84手目 △44香
こんな香、打たれたら実戦だとかなり焦りそうですな。

まぁこのあとの▲45歩として香の利き止めたあたりで負けはなしと。
二度目の▲63香みたいな手が間に合うようではねぇ~。
本譜はタイミングの良い端攻めから▲92歩成が印象的でした。

本局の1つ前の第28局(↓)も並べたのですが・・・
こちらのほうが森下先生風の指し回しの気がしました。


【 参考棋譜 第28局:▲櫛田 陽一 △森下 卓 @ 王位戦 】

開始日時:1993/10/21
棋戦:王位戦
戦型:四間飛車
先手:櫛田陽一
後手:森下卓

▲7六歩△8四歩▲7八銀△3四歩▲6六歩△6二銀
▲6八飛△4二玉▲4八玉△3二玉▲3八銀△5四歩
▲6七銀△5二金右▲3九玉△1四歩▲1六歩△7四歩
▲2八玉△8五歩▲7七角△4二銀▲5八金左△5三銀左
▲5六歩△4二金上▲4六歩△7三銀▲9八香△8四銀
▲7八飛△7二飛▲5九角△7五歩▲4八角△6四歩
▲3六歩△7六歩▲同 銀△6五歩▲6七金△6六歩
▲同 金△6五歩▲6七金△7三銀▲7七桂△6四銀右
▲7五歩△8二飛▲6五桂△同 銀▲同 銀△8六歩
▲同 歩△同 飛▲8八歩△2四桂▲4七銀打△1五歩
▲5五歩△同 角▲5六銀引△2二角▲7四歩△1六桂
▲同 香△同 歩▲1八歩△1七香▲同 桂△同歩成
▲同 歩△8八角成▲同 飛△同飛成▲6六角△1七香成
▲同 玉△9八龍▲2八玉△5五桂▲4五桂△1二香
▲5五銀△同 歩▲6八歩△8九龍▲3七玉△1八飛
▲2九香△4四歩▲5三桂成△同金直▲2六香△3三桂
▲5八銀△5四金▲7五角△2五桂打▲4七玉△4五歩
▲同 歩△4六歩▲同 玉△3七銀▲5七玉△3八飛成
▲4四桂△2二玉▲3八金△4五桂▲6六玉△6五銀
▲7七玉△7六歩▲同 金△同 銀▲同 玉△6五金打
-------------------------
generated by 激指定跡道場







テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。