スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲52銀のススメ…

昔、どっかの偉い人が 「 学 問 の す す め 」 とか言う本を書いてた気がするが・・・。

天 上 天 下 唯 我 独 尊 っ て 奴 ? ? ?
違いました・・・「 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず 」でした。ヽ(´ー`)ノ

ちなみに「 ▲ 5 2 銀 」と言うと例の羽生加藤のNHK杯戦とかありましたのぉ~
あかねっちあたりは御存知かのぉ~(*´-`*)ノ

ってこんなネタ書いてるからいつも長くなるのよねぇ~W
と言うことで先日、友遊クラブで行われた

【 快 刀 乱 麻 さ ん 歓 迎 会 】

での将棋を・・・。
ちなみに私はkaitouranma(快刀乱麻)さんとレートが近かったので・・・

「 出番があるかなぁ~?」

と思って準備はしていました。(笑) (いい読み筋でした)
まぁ準備と言っても快刀さんの棋譜調べたりしたのではなく夕食は軽目に・・とかですが。

※友遊クラブでは歓迎会は平手+駒落ちの2局指すのが慣例。対局相手はその場で決まります。

まぁ私なりにうまく指せてたつもりだったのですが・・
(検討はじまって速攻で突っ込みが入りましたがwww)

色々と調べてなるほどぉ~と感じた点があったのでupしたいと思います。
偶然ですが 「あじブログ」 でも似た筋がUPされてますのでそちらもご覧ください。
「ぽけブログ」 が基本で 「あじブログ」 が応用ですなW



【 研 究 1 】

快刀1

なんでもない局面だがここが本局の「最重要POINT」と評価して詳しく研究したいと思う。
▽36歩とされ取られそうな桂馬がさばけて銀と交換(▲33桂成)となったのだからまずは大成功。
と同時にこの手が【 詰 め ろ 】になっている点は確認しておきたい。
(実戦で▽がこの手を放置して攻め合う順は考えづらいものの・・・)

ちなみにこの将棋、全体を通しての私の懸念は▽玉を右辺(9筋方面)に逃すことであった。
(何度も詰みを逃していますが最終手にその気持ちが出てると思うW)
83の地点が空いてる(▲83銀やいきなりの▲83角etcあり)ので寄せれる気もするが・・・
やはりできるだけ狭いところで仕留めたいところである。

本譜は80手目▽33同金としたが・・・仮にここで▽99歩成とかすっとぼけてると・・・

以下、▲22金 ▽41玉 ▲32金 ▽51玉・・・(↓ 変化図 )

快刀変化0

だいたいこの形が浮かび、かつ私は「王手は追う手」系の寄せになっていて嫌だと思っていたが。
ここで好手があった。

快刀変化1

▲52銀!!!

手筋一発、決まっますなぁ~ヽ(´ー`)ノ
取る一手に以下、▲43角からどこに逃げても金打ちまで。
この局面の 「次の1手は?」 と聞かれれば「▲52銀」と正解できますが…。
金駒を捨てて玉を危険地帯に!!!は一応、テーマでしたしね。

要はどの段階でこの形をイメージできるかですな???

(もっとも本譜、この形に誘導するには80手目▽33金ではないことが条件なわけだけど・・・。)
射撃で言えば【正確さ】と【射程の長さ】の後者か???・・・寄せも同様ですなぁ~。
私は次の一手の連続のような将棋指しですから・・・/(^o^)\ナンテコッタイ

【 構 想 】 【 手 の 連 続 性 】 【 攻 め を 繋 ぐ 】

等は今後のテーマだと思う。
それとさりげな~く▽の62銀の

「役立たずさ・・・(´・ω・`)ショボーン」

自らは52の地点にも利きがない上に飛車の横利きをも止めている。
「守り駒としての銀」の弱点って寄せにおいて結構、出てくると思うのですよね。
ここら今後は「銀」と言う駒、本来の特性とか意識して研究してみるかも~・・・。
(まだ構想段階だけど^^;)

【 研 究 2】

快刀2

速攻、突っ込みが入った局面。(笑) (↓参考ログ)
局面は急所の▲24桂(好手 !)に▽22金としたところ。

正解は…
▲32銀▽同金▲同桂成▽同玉▲33金▽同桂▲同歩成▽41玉▲42金以下即詰み。

ここでの第一勘は▲22角成だったなぁ~…(;゜▽゜A``
よく▲23歩発見したと結構、悦に入ってたのにw
▲32からばらして▲33に打ち込むような順って苦手かも^^;
32の地点も33の地点も最後の42の地点も「数の優位」があるのですよね。
う~ん…正直、苦手分野だ・・・。(基本中の基本なのに・・・)

対策を講じなければ…。

【 研 究 3 】

快刀3

終局図。
いやぁ~、私的には完璧に近い寄せだと思ったのですけどね。
この局面って【 必 至 】でしょ?
実は 「 5手詰めHB 」解き終わってから少し?(相当?)詰将棋解くペースが落ちてて・・・
その分、必至問題解いてます。(まぁ1手必至とかですけどねwww)
その効果?弊害?笑 まぁ挟撃してるのでOK OK (`.ω.´)シャキーン


(↑参考ログ)

JANGLE-POCKET > 感染ありがとうございました
Ex-Qisha > お疲れ様でした。
papilio > お疲れ様でしたー
-sensei- > おつかれさま
JANGLE-POCKET > 観戦
h_yoshida > ぽけさんちゃんと詰ますように( ´(ェ)`)y─┛~~
kaitouranma > どうもありがとうございました
JANGLE-POCKET > 罪ありましたか^^;;
JANGLE-POCKET > 摘み
BAD-BOY > ありますねー
JANGLE-POCKET > 詰み
kaitouranma > いやー
-sensei- > 一応どうにもなってないようですね。
wanpakunakabisha > 9六桂の筋にはヒヤリとした
BAD-BOY > 97どうけいは
BAD-BOY > まずいですよ
JANGLE-POCKET > はい
BAD-BOY > 逆転したかと
BAD-BOY > おもった^^;
JANGLE-POCKET > 香ですか
wanpakunakabisha > やらかしたなと

(爆笑)
いきなり突っ込まれまくり…アッヒャッヒャヽ(゜∀゜)ノアッヒャッヒャ

関係ないですが先日、ディスククリーンアップしたのだが・・・。
その際に景気よく色々なファイルも削除してしまい…
なんか誤変換が増えてます。/(^o^)\ナンテコッタイ
(「感染」とか以前ではありえなす。)

ちなみに以前、私が24高段者、観戦中に見たちょっと恥ずかしい誤変換は・・・

A:「局面を生理してみると・・・」
A:「失礼、整理ですね(汗」
B:「(´-`).。oO普段どんな会話しているのだろう・・・」

ってのがありましたね。くくくっっっ。(B、うぜーwe)


みゃみゃみゃ・・・・・(結局、長いな・・・( ゜-゜) 遠い目)

テーマ : 囲碁・将棋・チェス - ジャンル : 趣味・実用

コメント

詰む捨て駒

トラバどうもですーー^ ^

ばらばらにしてしゃかしゃか詰ます問題は、難しくはないので、慣れたらすぐじゃないですかね。普通の詰将棋の問題ではそんな筋悪な問題ないですしねー。初杯がやってる実戦詰将棋なんかだとわりとそういう問題も多いのかな。私は最近、森著:羽生監修の羽生の実戦の詰み100必至100とかいうのも併用してやってます。案外、捨て駒ボンボンするほうのほうが、私は得意なのかも知れない・・・

でもまあ詰ますときの捨て駒はやっぱりかっこいいと思う今日この頃。目指せ光速流ですの。

ふむふむ

>>ばらばらにしてしゃかしゃか詰ます問題

「清算」する順を軽視しがちになるのって詰将棋の弊害でもあるかもね。
と、少し前に気づいて「駒を取る詰将棋」(簡単な方)買って少し解いたけど。
「数の攻め」に関しては例の中飛車講座に期待している部分もある。
あと清算するしないの1つの指針として・・・
相手の駒が金だったら清算!!!、銀だったら残す?みたいなことが成立しないか研究中。
夏頃までには発表したいのぉ~、ふふふ。

駒を取る詰将棋

駒を取る詰将棋に関しては、おそらく入段編の方がよいと思います。というのは、実は入段編のほうが、駒を取るタイミングが自然なんですよね。全部初手だと興味がそがれちゃうっていうのありますしね~。とはいえ、やはり余詰めなし、駒余りなしという限定付なので、そのあたりがやや非現実的なんでしょうか。

ちなみに私が一冊解き終わってのみた感想は、5手ハンド2<5手ハンド1<駒を取る詰将棋入段編<のびのびしみじみ<詰将棋道場。って感じですね。しみじみよりも駒取り入段編のほうが、若干ですが、易しいように思いました。他のが終わったら、ぜひお試しくださいませ^ ^

発表楽しみに待ってます~^ ^

なるほどね。

まぁ「駒取る」は45問目だけでもなかなかの価値があったぜ。(for me)
この本は技術的なものでなくバランス的なものをる取るために解いてる部分もあるしのぉ~。
元来、おらは「原田泰男九段シリーズ」好きなんよね。
まぁ発展して「内藤先生」も好きなんだが・・・。
とかいいつつ秘蔵の「塚田詰将棋代表作」を取り組む時期かなとも(笑)
でも技術的にはまだ「5手HB」で十分な気もするのよね。・・・( ゜-゜) 遠い目
とりま「のびのびしみじみ」かのぉ~ヽ(´ー`)ノ
アジーはそのうち「詰むや詰まざるや」やりそうで怖いよw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。