スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山、中原 激闘123番 ~名人戦編~

並べたら上げます。


毎日、しちゃうよ
ある将棋お見合いパーティーでのひと駒・・・(^¥^)

桃子:「最近、何を並べましたか・・・」
鯖王:「図書館で借りた羽生の終盤術を並べてます、フヒヒ・・・」
桃子:「うふふ・・・(今風だけど貧乏そうね・・・パ~ス)」
のく:「おらー、30万円位の本黄揚盛上げ駒、字体は坂田好を並べただ。ニッコニッコ・・・」
桃子:「うふふ・・・(お金は持っていそうだけど・・・何かが違うわ。)」
ぶら:「大山を少々・・・」
桃子:「まぁ素敵♪今夜はぶらさんにお任せ・・・



くくくく・・・お勧め度つけるよ・・・(参照:棋譜データベース)

お勧め度 (が3つが最高we)

11/3() ・・・

46番 31期名人戦第1局      中原会心譜か・・・
47番 31期名人戦第2局     大山の受け凄し・・・

うーん・・・評価するのがおこがましくなってきたけど・・・好み と言う事で・・・

11/4(火) ・・・

48番 31期名人戦第3局    やばい、大山、マジやヴぇー、濡れまくり
49番 31期名人戦第4局        ちょっと私には難しいかのぉ~

11/5(水) ・・・

50番 31期名人戦第5局      大山、凄い、凄すぎるwe
51番 31期名人戦第6局      中原の三間、うんこ臭するするwewe

11/7(金) ・・・  

52番 31期名人戦第7局      中原新名人誕生譜・・・


【 レ ビ ュ ー 】

とりあえず第31期名人戦全7局を並べた。
この二人の対決だと46番目~52番目の戦いになる。
なんでこんなところから並べたかと言うと本の構成による。(笑)
ちなみに次は第33期名人戦、74番~80番(全7局)予定。
本の構成上、「名人戦」⇒「王将戦」⇒「十段戦」・・・の順に掲載されている。
つ~かさすが最高峰の舞台での将棋、素晴らしいですね。
後ででわかったことだが・・・
第1局、中原は「現代に生きる大山振り飛車」で会心譜の1つに挙げている。
また第2局の大山の指した「▽81玉」は伝説の一着のようだ。
個人的には第3局の大山の流れるようにいなしつつ厚みを築き一気に寄せた将棋が感動した。
特に67銀⇒58銀と固め78金⇒67金の使い方が心地よかった。(GSっぽいねw)
中原、2-3で迎えた第6局、(第7局)は中原が飛車を振っている。(笑)
もう開き直ってる感じで本人も・・・
「今年、負けても来年もここ(名人戦)に来れる(A級抜けられる)から今年は勉強しよう・・・」
的な おおらかな感覚 が奏功し見事、名人奪取となった。
ちなみにこの年はA級を8戦全勝で名人戦の舞台に駆け上がってきた。
前年の第30期名人戦は升田幸三が「升田式石田流」をひっさけ挑戦した年。
ちなみにここらの年は私が将棋を知ったか知らないかの年ですねぇ~(笑)
盛り上がってた時代だったんでしょうねえ~
まぁ大山、中原、羽生と言う3巨人のうちの二人が全盛?で指してるわけですしね。
私がこの時代を選んだのは「横歩取り」がないから・・・(笑)
羽生-谷川,羽生-佐藤などどうも横歩取りの将棋があるので並べる気がしない。
まぁまだ並べはじめたばかりですがなかなかよい選択ではないかと思ってます。
土日はこの7局をまったり並べ直してみる予定~・・・ふぅ。。。


桃子 :「ブラさん、土日はいかがお過ごしですの???」


「 大 山 を 少 々 ・ ・ ・ (^‐^)♪ 」


11/11(火) ・・・

74番 33期名人戦第1局    大山の三間・・・▲35銀捨てが巧妙♪ (理解度イマイチ)

11/13(木) ・・・

75番 33期名人戦第2局     161手の長手数だが感じさせない面白さ。

76番 33期名人戦第3局     中原の快勝譜 歩の手筋満載

11/14(金) ・・・

77番 33期名人戦第4局    

大山の快勝譜、いつの間にか守りは4枚銀冠・・・
歩の合わせからの攻勢は見もの。遊び駒少ない名局だと思う。

78番 33期名人戦第5局      

うーん、面白いねぇ~we 間合いの取り方が絶妙ですなぁ~・・・
夢中になって並べてたらSMK順位戦申し込むの忘れてたよ・・・ (T。T)y─┛~~ 

11/16() ・・・

79番 33期名人戦第6局      

大山、作戦勝ち模様から一気の寄せ・・・お見事。左銀の動きも抜群

80番 33期名人戦第7局      

中原、渾身の名人防衛譜・・・キッチリ受けて流れるように寄せる。
大山の粘り腰も特筆もの・・・▽92玉からの自陣の再構築はもはや芸・・・
思えば大山、最後の名人戦の舞台・・・


【 レ ビ ュ ー 】 

ふぅ。。。とりあえず第33期名人戦の7局もなんとか並べ終わる。
1日1局のペースだからまずまず・・・と言うか上出来だね。(*^-^*)
これだけ続く最大の理由は 「面白いから・・・」
ワニー 「格調高い将棋」 と表現していたが・・まさにそれ。
正直、大山将棋って「受け」将棋だとばかり思ってたけど・・・
いやいや、攻めも鋭い~~・・・
受けも小手先の技術とかではなく・・・感覚とか距離感とか間合いとか構想とか・・・
まぁとにかく凄いです。(まだ理解できない部分もいっぱいあるけどw)
中原は「自然流」と言われるように「位」とか取る大模様の将棋・・・
大山は銀がバックしていって いつの間にか自陣を固めている ような感じ???
風情の無い居飛車穴熊も無ければ現代将棋のように序盤にピリピリした緊張も無い。
だから逆にわかりやすい部分はあると思うし楽しいねぇ~。
「手筋講座」満載~♪

マジでさー「大山康晴全集」・・・欲しいのぉ~・(ヤフーで3万円であるあるwe)


と言うことで名人戦編は終わりだけど・・・


また並べなおすかのぉ~・・・それだけの価値がある棋譜たちです。


とりあえず終わり・・・

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

おっす

う、うぜ~www
な~にが大山を少々・・・
だっつーのwewe

おっす。。。

おやおや・・・これは鯖i-276軍曹wewe

さきほどは失礼致しました。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

しかし琵琶湖マンは凄いですなぁ~v-46
タイトル取ってさらに加速???
減速しまくりんぐのどなたかとは大違いですね。i-179i-179i-179

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。